PageRenderTime 15ms CodeModel.GetById 1ms app.highlight 9ms RepoModel.GetById 1ms app.codeStats 0ms

/doc/Japanese/sample-ja.html

http://txt2tags.googlecode.com/
HTML | 299 lines | 249 code | 48 blank | 2 comment | 0 complexity | 236c7e359e85ae459d12ab1f204cfc95 MD5 | raw file
  1<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
  2<HTML>
  3<HEAD>
  4<META NAME="generator" CONTENT="http://txt2tags.org">
  5<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
  6<TITLE>TXT2TAGS サンプル</TITLE>
  7</HEAD><BODY BGCOLOR="white" TEXT="black">
  8<CENTER>
  9<H1>TXT2TAGS サンプル</H1>
 10<FONT SIZE="4"><I>アウレリオ・ジャーガス</I></FONT><BR>
 11<FONT SIZE="4">2010/11/09</FONT>
 12</CENTER>
 13
 14
 15<H1>はじめに</H1>
 16
 17<P>
 18txt2tagsのサンプルファイルにようこそ!
 19</P>
 20<P>
 21ここでは、全てのマークアップについて
 22簡単な説明と、その例をお見せします。
 23</P>
 24<P>
 25ファイルの最初の3行はヘッダになります。
 26</P>
 27
 28<PRE>
 29  1行目: 題
 30  2行目: 執筆者、連絡先等
 31  3行目: 日付、版(バージョン)
 32</PRE>
 33
 34<P>
 35左右同じ数のイコール(=)で括られた行は、見出しになります。
 36</P>
 37
 38<H1>フォントと装飾</H1>
 39
 40<P>
 41二種類のフォントを使って表示します。
 42</P>
 43<P>
 44標準のフォントは装飾で変化を付けられます。
 45</P>
 46<P>
 47整形済みのテキストは等幅のタイプライタ体で
 48表示します。
 49</P>
 50
 51<H2>装飾</H2>
 52
 53<P>
 54テキストの装飾用のマークアップはシンプルです。
 55まず、プレーンテキストで入力してください。
 56</P>
 57<P>
 58装飾するには、アスタリスク(*)、スラッシュ(/)、ハイフン(-)、アンダーバー(_)
 59を二つ連続したもので装飾したい文字を囲みます。
 60<B>ボールド</B><I>イタリック</I><S>取り消し</S><U>下線</U>
 61のようになりす。
 62</P>
 63<P>
 64また、これらを組み合わせて <B><I>イタリックの太字</I></B>
 65のように使うこともできます。
 66</P>
 67
 68<H2>整形済みテキスト</H2>
 69
 70<P>
 71コードの例や整形済みテキストを書くことができます:
 72</P>
 73
 74<PRE>
 75      これは   整   形   済   み   で   す   。
 76  //マークアップ// も **そのまま**  ``表示`` します。
 77</PRE>
 78
 79<P>
 80また、一行だけ整形済みにするのも簡単です。
 81</P>
 82
 83<PRE>
 84  prompt$ ls /etc
 85</PRE>
 86
 87<P>
 88行内では <CODE>kono youni</CODE> 使います。
 89</P>
 90
 91<H2>もっと装飾</H2>
 92
 93<P>
 94Eメールアドレス (<A HREF="mailto:hoge@dokoka.com">hoge@dokoka.com</A>) や
 95URL (<A HREF="http://www.dokka.com">http://www.dokka.com</A>) は自動的に認識してリンクになります。
 96</P>
 97
 98<HR NOSHADE SIZE=1>
 99
100<P>
101^細い水平線 太い水平線 v
102</P>
103
104<HR NOSHADE SIZE=5>
105
106<P>
107リンクは <A HREF="http://duh.org">外部へのリンク</A>
108のようにラベルをつけられます。
109</P>
110<P>
111また、
112</P>
113	<BLOCKQUOTE>
114	行頭にタブを入れると、引用(クォート)になります。
115		<BLOCKQUOTE>
116		タブを重ねると階層が深くなります。
117		</BLOCKQUOTE>
118	</BLOCKQUOTE>
119
120<H1>リスト</H1>
121
122<P>
123リストは単純に要素の行の先頭に
124<B>ハイフン</B>(-) か<B>プラス記号</B> (+) を付けてください。
125</P>
126
127<H2>標準のリスト</H2>
128
129<P>
130標準のリストはハイフンで作成します。リストを入れ子にするには
131ハイフンの前に<B>スペース</B>を入れてください。
132スペースを入れた分だけ階層が深くなります。
133</P>
134
135<UL>
136<LI>地球
137  <UL>
138  <LI>アジア
139    <UL>
140    <LI>東アジア
141      <UL>
142      <LI>日本
143        <UL>
144        <LI>何段階まで深くできますか?
145        </UL>
146      </UL>
147    </UL>
148  <LI>ヨーロッパ
149    <UL>
150    <LI>世界には沢山の国があります。
151    </UL>
152  </UL>
153<LI>火星
154  <UL>
155  <LI>どうなっているのでしょうね?
156  </UL>
157</UL>
158
159<P>
160空の行を <B>二行</B> つくると、リストが終了します。
161</P>
162
163<H2>番号付きリスト</H2>
164
165<P>
166同じルールで、ハイフンの代りに+を使うと
167番号付きのリストを作れます。
168</P>
169
170<OL>
171<LI>いち
172<LI>173<LI>さん
174  <UL>
175  <LI>リストは混ぜることができます。
176  <LI>これはどうなるでしょう。
177    <OL>
178    <LI>また番号付きを始めます
179    <LI>...
180    </OL>
181  </UL>
182<LI>よん
183</OL>
184
185<H2>定義リスト</H2>
186
187<P>
188定義リストは行をコロン(:)で開始した行に用語を書いてください。
189次の行に書いた物がその説明になります。
190</P>
191
192<DL>
193<DT>オレンジ</DT><DD>
194  橙色の果物
195<DT>リンゴ</DT><DD>
196  赤か、緑の果物
197<DT>その他の果物</DT><DD>
198  <UL>
199  <LI>こんなこともできます!
200  <LI>リストの混在
201    <OL>
202    <LI>もうひとつ!
203    <LI>さらにもう一つ!
204    </OL>
205  </UL>
206</DL>
207
208<H1></H1>
209
210<P>
211表のセルや行を作るにはパイプ(|)を使ってください。
212行頭のパイプを二つ重ねると見出しの行になります。
213セルの空白はスペースで指定してください。
214</P>
215
216<TABLE ALIGN="center" BORDER="1" CELLPADDING="4">
217<TR>
218<TH>見出し1</TH>
219<TH>見出し2</TH>
220<TH>見出し3</TH>
221</TR>
222<TR>
223<TD>セル 1.1</TD>
224<TD ALIGN="center">セル 1.2</TD>
225<TD ALIGN="right">セル 1.3</TD>
226</TR>
227<TR>
228<TD>セル 2.1</TD>
229<TD ALIGN="center">セル 2.2</TD>
230<TD ALIGN="right">セル 2.3</TD>
231</TR>
232</TABLE>
233
234<P>
235行の最後のパイプを省略すると、罫線の無い表になります。
236</P>
237
238<TABLE ALIGN="center" CELLPADDING="4">
239<TR>
240<TH>見出し1</TH>
241<TH>見出し2</TH>
242<TH>見出し3</TH>
243</TR>
244<TR>
245<TD>セル 1.1</TD>
246<TD ALIGN="center">セル 1.2</TD>
247<TD ALIGN="right">セル 1.3</TD>
248</TR>
249<TR>
250<TD>セル 2.1</TD>
251<TD ALIGN="center">セル 2.2</TD>
252<TD ALIGN="right">セル 2.3</TD>
253</TR>
254</TABLE>
255
256<H1>特殊な要素</H1>
257
258<P>
259これも非常に簡単に書くことができます。
260</P>
261
262<H2>画像</H2>
263
264<P>
265画像のマークアップは: <CODE>[ファイル名]</CODE> のようにします。
266</P>
267                      <center><IMG ALIGN="middle" SRC="../img/photo.jpg" BORDER="0" ALT=""></center>  
268
269<UL>
270<LI>ファイル名は PNG, JPG, GIF, などで終わるものにしてください。
271<LI>カギ括弧の内側に空白を入れないようにしてください。
272</UL>
273
274<H2>その他</H2>
275
276<P>
277簡単なマクロ機能があり、 <CODE>%%date</CODE> と書くと日付に置き換わります。
278</P>
279<P>
280今日の日付は 20101109 とISOの<CODE>YYYYMMDD</CODE>書式で表示されます。
281</P>
282<P>
283<CODE>%%date(%m-%d-%Y)</CODE> →  11-09-2010 のように
284日付の書式を指定もできます。
285</P>
286<P>
287今のところ以上です。
288</P>
289
290<HR NOSHADE SIZE=1>
291
292<P>
293Translated by <A HREF="http://twitter.com/Magepa">Mage Whopper</A>.
294<IMG ALIGN="left" SRC="../img/t2tpowered.png" BORDER="0" ALT=""> (<A HREF="sample-ja.t2t">sample-ja.t2t</A>)
295</P>
296
297<!-- html code generated by txt2tags 2.6.395 (http://txt2tags.org) -->
298<!-- cmdline: txt2tags -t html sample-ja.t2t -->
299</BODY></HTML>