PageRenderTime 22ms CodeModel.GetById 14ms app.highlight 5ms RepoModel.GetById 1ms app.codeStats 0ms

/doc/Japanese/markup-ja.html

http://txt2tags.googlecode.com/
HTML | 419 lines | 319 code | 98 blank | 2 comment | 0 complexity | 518ac45237050225dfe10b1a5986c6e4 MD5 | raw file
  1<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
  2<HTML>
  3<HEAD>
  4<META NAME="generator" CONTENT="http://txt2tags.org">
  5<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=UTF-8">
  6<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="http://txt2tags.org/markup.css">
  7<TITLE>Txt2tags 書きかたの例</TITLE>
  8</HEAD>
  9<BODY>
 10
 11<DIV CLASS="header" ID="header">
 12<H1>Txt2tags 書きかたの例</H1>
 13<H2>マークアップとHTMLの比較</H2>
 14</DIV>
 15
 16<DIV CLASS="body" ID="body">
 17<table>
 18<tr><th colspan="2">
 19基本
 20</th></tr><tr><td class="t2t">
 21
 22<PRE>
 23
 24= 見出しレベル1 =
 25
 26== 見出しレベル2 ==
 27
 28=== 見出しレベル3 ===
 29</PRE>
 30
 31</td><td>
 32
 33<H1>見出しレベル1</H1>
 34
 35<H2>見出しレベル2</H2>
 36
 37<H3>見出しレベル3</H3>
 38
 39</td></tr><tr><td class="t2t">
 40
 41<PRE>
 42
 43+ 番号付きの見出し レベル1  +
 44
 45++ 番号付きの見出し レベル2 ++
 46
 47+++ 番号付きの見出し レベル3 +++
 48</PRE>
 49
 50</td><td>
 51
 52<H1>1. 番号付きの見出し レベル1</H1>
 53
 54<H2>1.1. 番号付きの見出し レベル2</H2>
 55
 56<H3>1.1.1. 番号付きの見出し レベル3</H3>
 57
 58</td></tr><tr><td class="t2t">
 59
 60<PRE>
 61
 62段落は一行でも、複数行でも
 63書くことができます。
 64
 65空行は段落を分割します。
 66</PRE>
 67
 68</td><td>
 69<P>
 70段落は一行でも、複数行でも
 71書くことができます。
 72</P>
 73<P>
 74空行は段落を分割します。
 75</P>
 76</td></tr><tr><td class="t2t">
 77
 78<PRE>
 79
 80% 行を
 81パーセント記号で開始すると、
 82% パーセントとその行は無視されます。
 83メモを書くのに便利です。
 84</PRE>
 85
 86</td><td>
 87<P>
 88パーセント記号で開始すると、
 89メモを書くのに便利です。
 90</P>
 91</td></tr><tr><td class="t2t">
 92
 93<PRE>
 94
 95装飾用に **ボールド**
 96と //イタリック// があります。
 97
 98また、 __アンダーライン__ 、--取り消し線-- 、
 99``等幅`` もあります。
100</PRE>
101
102</td><td>
103<P>
104装飾用に <B>ボールド</B>
105<I>イタリック</I> があります。
106</P>
107<P>
108また、 <U>アンダーライン</U><S>取り消し線</S>109<CODE>等幅</CODE> もあります。
110</P>
111</td></tr><tr><th colspan="2">
112リスト
113</th></tr><tr><td class="t2t">
114
115<PRE>
116
117- これはリストの要素です。
118- ハイフンで行を始めて下さい。
119  - 先頭にスペースを入れるとインデントします。
120
121
122リストを終了するには2行空行を入れます。
123</PRE>
124
125</td><td>
126
127<UL>
128<LI>これはリストの要素です。
129<LI>ハイフンで行を始めて下さい。
130  <UL>
131  <LI>先頭にスペースを入れるとインデントします。
132  </UL>
133</UL>
134
135<P>
136リストを終了するには2行空行を入れます。
137</P>
138</td></tr><tr><td class="t2t">
139
140<PRE>
141
142+ ハイフンの代りにプラスでリストを作ると
143+ 番号付きのリストになります。
144  + ルールは廃運のときと同じです。
145  +
146+
147空の要素を作ると、リストが終了します。
148
149</PRE>
150
151</td><td>
152
153<OL>
154<LI>ハイフンの代りにプラスでリストを作ると
155<LI>番号付きのリストになります。
156  <OL>
157  <LI>ルールは廃運のときと同じです。
158  </OL>
159</OL>
160
161<P>
162空の要素を作ると、リストが終了します。
163</P>
164</td></tr><tr><td class="t2t">
165
166<PRE>
167
168: 定義リスト
169  用語のリストなどの作成ができます。
170: コロンで開始した行
171  その定義を続けて記述します。
172:
173</PRE>
174
175</td><td>
176
177<DL>
178<DT>定義リスト</DT><DD>
179  用語のリストなどの作成ができます。
180<DT>コロンで開始した行</DT><DD>
181  その定義を続けて記述します。
182</DL>
183
184</td></tr><tr><th colspan="2">
185範囲
186</th></tr><tr><td class="t2t">
187
188<PRE>
189
190	引用した段落はタブで
191	開始します。
192		タブの数を増やすと、より深い買いそうになります。
193タブの無い行を開始すると引用がそこまでになります。
194</PRE>
195
196</td><td>
197	<BLOCKQUOTE>
198	引用した段落はタブで
199	開始します。
200		<BLOCKQUOTE>
201		タブの数を増やすと、より深い買いそうになります。
202		</BLOCKQUOTE>
203	</BLOCKQUOTE>
204<P>
205タブの無い行を開始すると引用がそこまでになります。
206</P>
207</td></tr><tr><td class="t2t">
208
209<PRE>
210
211整形済み行はコマンドラインの表記に便利です :
212``` $ cat /etc/passwd | tr : ,
213行の先頭をバッククオート三つで開始してください。
214</PRE>
215
216</td><td>
217<P>
218整形済み行はコマンドラインの表記に便利です :
219</P>
220
221<PRE>
222$ cat /etc/passwd | tr : ,
223</PRE>
224
225<P>
226行の先頭をバッククオート三つで開始してください。
227</P>
228</td></tr><tr><td class="t2t">
229
230<PRE>
231
232```
233  バッククオート三つで括った範囲は
234        整形済みテキストとなります。
235**マークアップ** はそのまま表示し、
236  スペースは入れた通りに保たれます。
237```
238</PRE>
239
240</td><td>
241
242<PRE>
243  バッククオート三つで括った範囲は
244        整形済みテキストとなります。
245**マークアップ** はそのまま表示し、
246  スペースは入れた通りに保たれます。
247</PRE>
248
249</td></tr><tr><td class="t2t">
250
251<PRE>
252
253"""
254       三つのダブルクォーテーションで囲んだ範囲は
255                                ベタ書きエリアになります。
256
257**マークアップ** はそのまま表示され、
258                スペースも維持されません。
259"""
260</PRE>
261
262</td><td>
263       三つのダブルクォーテーションで囲んだ範囲は
264                                ベタ書きエリアになります。
265
266**マークアップ** はそのまま表示され、
267                スペースも維持されません。
268</td></tr><tr><td class="t2t">
269
270<PRE>
271
272'''
273&lt;div id="myblock"&gt;
274
275&lt;p style="color:red"&gt;
276三つのクオートで囲った部分は
277タグが有効(タグエリア)になります。
278&lt;/p&gt;
279
280&lt;p style="color:blue"&gt;
281タグエリアではマークアップの
282解釈は行われません。
283ターゲットのコードを埋め込む祭に便利です。
284&lt;/p&gt;
285
286&lt;/div&gt;
287'''
288</PRE>
289
290</td><td>
291<div id="myblock">
292
293<p style="color:red">
294三つのクオートで囲った部分は
295タグが有効(タグエリア)になります。
296</p>
297
298<p style="color:blue">
299タグエリアではマークアップの
300解釈は行われません。
301ターゲットのコードを埋め込む祭に便利です。
302</p>
303
304</div>
305</td></tr><tr><th colspan="2">
306その他
307</th></tr><tr><td class="t2t">
308
309<PRE>
310
311|| 表見出し | 表見出し |
312|          表 |     寄せ     |
313|          行 |      とても       |
314|      セル |     すばらしい!     |
315</PRE>
316
317</td><td>
318
319<TABLE BORDER="1">
320<TR>
321<TH>表見出し</TH>
322<TH>表見出し</TH>
323</TR>
324<TR>
325<TD ALIGN="right"></TD>
326<TD ALIGN="center">寄せ</TD>
327</TR>
328<TR>
329<TD ALIGN="right"></TD>
330<TD ALIGN="center">とても</TD>
331</TR>
332<TR>
333<TD ALIGN="right">セル</TD>
334<TD ALIGN="center">すばらしい!</TD>
335</TR>
336</TABLE>
337
338</td></tr><tr><td class="t2t">
339
340<PRE>
341
342[t2t.png] 左寄せのイメージ
343
344中央よせ [t2t.png] のイメージ
345
346右寄せのイメージ [t2t.png]
347</PRE>
348
349</td><td>
350<P>
351<IMG ALIGN="left" SRC="../img/t2tpowered.png" BORDER="0" ALT=""> 左寄せのイメージ
352</P>
353<P>
354中央よせ <IMG ALIGN="middle" SRC="../img/t2tpowered.png" BORDER="0" ALT=""> のイメージ
355</P>
356<P>
357右寄せのイメージ <IMG ALIGN="right" SRC="../img/t2tpowered.png" BORDER="0" ALT="">
358</P>
359</td></tr><tr><td class="t2t">
360
361<PRE>
362
363リンクは recognized@automaticaly.see このように自動的に認識されます。
364
365[名前を付けて  www.myurl.com] リンクも簡単にできます
366
367画像をリンクにすることもできます。 [[t2t.png] as-a-link.html].
368</PRE>
369
370</td><td>
371<P>
372リンクは <A HREF="mailto:recognized@automaticaly.see">recognized@automaticaly.see</A> このように自動的に認識されます。
373</P>
374<P>
375<A HREF="http://www.myurl.com">名前を付けて</A> リンクも簡単にできます
376</P>
377<P>
378画像をリンクにすることもできます。 <A HREF="as-a-link.html"><IMG ALIGN="middle" SRC="../img/t2tpowered.png" BORDER="0" ALT=""></A>.
379</P>
380</td></tr><tr><td class="t2t">
381
382<PRE>
383
384区切り線:
385--------------------
386太線:
387====================
388(連続20文字まで)
389</PRE>
390
391</td><td>
392<P>
393区切り線:
394</P>
395
396<HR NOSHADE SIZE=1>
397
398<P>
399太線:
400</P>
401
402<HR NOSHADE SIZE=5>
403
404<P>
405(連続20文字まで)
406</P>
407</td></tr>
408</table>
409<P>
410日本語訳 by. Mage Whopper (magewhopper at gmail.com)
411</P>
412<P>
413<A HREF="http://txt2tags.org">Go to the txt2tags homepage</A>
414</P>
415</DIV>
416
417<!-- html code generated by txt2tags 2.6.585 (http://txt2tags.org) -->
418<!-- cmdline: txt2tags Japanese/markup-ja/markup-ja.t2t -->
419</BODY></HTML>